へたれ技術っぽいブログしてます

【覚書】KMS認証サーバー壊れた

年末にKMSライセンスの管理サーバーとして稼働させていたPCが突然壊れた。電源がランプが点いていて一見普通に稼働しているようなのだけど実は動いてなかったので実際にはいつから壊れていたのかわからないけど。

サーバーとして売られていた機種ではなくふつ〜のPCを使って無休で稼働させていたのでまあ耐久性的にはしょうがないか。Windows7から8を経て10にOSをUpgrade(基本的に管理させるクライアントOSに合わせてアップさせる必要があるから)させていたし、よく働いてくれていたということで。

なぜ故障に気づいたかというと、Windows10とOffice 2013のKMSライセンス管理をさせていたのにそれらのクライアントで認証エラーが発生するようになったから。あれ?と言うことはもしかして結構前から壊れていたんじゃ無いのかな。

 

ということで、Windows10とOfficer2013のライセンス管理も Windows Server 2012 R2機に行わせることに。こいつはいまWindows 10とOffice2016のライセンス管理をさせているサーバー機である(Domain Controlerで、DNSやらDHCPやらもやってる)。

その途中でした失敗を自分用に覚書。

 

(1) Windows10クライアント機の管理するように設定してあったつもりができてなかった。slmgr.vbs /dli all の結果をよく見ると「Windows(R) Iperationg System, VOLUME_KMS_20120R2_WIN10 channel」が「このライセンスは使用されていません。ライセンスされていません」の状態だった。

解決策:普通のWindows10やWindows Server 2012 R2のKMSキーを登録してもだめ。専用のキー(Windows Server 2012 R2 上で Windows 10以下を管理するためのKMSキー)を用意して登録すべし。

https://support.microsoft.com/ja-jp/help/3086418/error-0xc004f015-when-you-try-to-activate-windows-10-enterprise-on-a-w

 

(2) ライセンスマネージャーでOffice 2013のキーが登録できない。

解決策:Office 2013用のボリュームライセンスパック(追加ソフト)を適用してから作業する(Office 2016の登録時にダウンロードしてあったボリュームライセンスパックを使ってたのでダメだったっぽい)。あと、Active Directoryでの管理とKMSサーバーソフトでの管理のどちらで行うかを間違えないこと。

 

間違ってたらごめん。それにしてもちょっと恥ずかしいミスばかり。ぽっ