へたれ技術っぽいブログしてます

【Windows】【覚書】Creator Updateを適用したら通信が劇的に遅くなったのを解決したっぽい話

Windows 10 に Creator Update Fall を適用したらネットワークが(逆)感動するくらいに遅くなった。今までふつ〜に数十Mbpsが出ていたのに1Mbps出れば良い、下手すると64Kbpsとかしか出なかったり。各種SpeedTestサイトで測ってもタスクマネージャーの表示をみてもそのくらいの低速。光回線だってのに!無線部分だけの通信速度をみた見るとこれまた普通に 500Mbps以上(うちのWi-Fi802.11ac使ってるので)は出ていると表示されているのに...

Creator Updateを削除(OSを旧バージョンに復旧)すると回線速度がふつ〜に戻るので明らかにアップデートが原因。これは困った。

様々なサイトを見てみたのだけど同じ症状になっている人が意外にも少ない。質問されていても解決に至っているのは無し。

ぶっちゃけ諦めていたのだけど、2018年1月になって全ての人にCreator Update FallがWindows Update経由で落ちて来るようになった。これはさすがにいつまでも旧バージョンを使っているわけにいかなそう。

ということで改めて調べまくってみたところ、関係あるか無いかわからない以下の記述を見かけて試してみたところうまくいった(通信速度が数十Mbpsに回復した)ようなので覚書。

news.mynavi.jp

 

ざっくりいうとMicrosoft Wi-Fi Direct Virtual Adapterというドライバと相性の良くない無線LAN用デバイスがあるってことらしい。無効化したところほぼ元どおりの速度が回復したよ、と。 

無線LANに原因があるとは思わなかった。でも本当に改善されたのかはまだ様子をみないとわからない。通信が不安定(タスクマネージャーで見てると急に通信速度が0Mbpsになってずっとそのままということがあったり)っぽいのがちっと怖い。気のせいかもしれないけどね。

 ちなみに使っている無線LAN用デバイスは「BUFFALO WI-U3-866D」というUSB接続のやつです。

 

というわけで、その後についていつか書くかも。

 

おしまい